ばいなりおぷしょん.com

レバレッジ20倍制限

FXで400倍ものレバレッジは流石にマズイだろうということで数年前にようやく規制がかかり国内ではレバレッジ20倍制限がかけられています。

これによって以前に比べて少額でのハイリターンは望めなくなりましたが、FXの危険性はそれだけではないと私は考えます。

FXは通貨交換です。このグローバル時代において、各国の通貨交換は絶対必要なことで、そのレート変動は各国の思惑が錯綜に錯綜を重ねた結果のものであります。

従って大小さまざま、利害も様々なステークホルダーがいるわけで、どう考えてもこれならロング、これならショートということはほとんど起こり得ないと考えるべきなのです。


システムの安定性が売りのXEMarkets

ouierwe 日本は、長らくデフレが続いており、会社員の給与が増えない状況が続いています。その対策として、積極的な資産運用や副業をしている人も多くいます。そしてその方法の1つとしてのFXの人気も、高いものがあります。ここでは、これからFXでの資産運用を始めたい人が、どの様なポイントでFX業者を選べば良いのか、そして人気の海外FXのブローカーであるXEマーケットがなぜ優れているのかについて、考えてみましょう。

FXでは、命の次に大切なお金を預けるわけですから、業者の信頼性は高くなければなりません。その基準と1つとなるのが、各国にある証券取引委員会の認可を得ているのかになります。XEマーケットは、本社があるキプロスの証券取引委員会の認可を始め、イギリスを始めEU各国の証券取引委員会に登録しています。そして世界的に見ても厳しいEUの規制に則って運営されているので、信頼性や安全性は高いと言えるでしょう。

おすすめサイト: FX基礎.net

そしてFX業者選びの次のポイントは、システムの安定性です。もう少し簡単に言えば、約定力の高さです。FXは、タイミングが大切な投資方法です。しかしシステムが弱く不安定なFXは業者の場合には、注文を出してから約定までのタイミングにタイムラグが生じることがあり、その場合には、自分が狙ったタイミングでの投資はできません。この様な現象は、特に重要な経済指標の発表時などで、注文が殺到する時に発生します。そしてシステムの安定性に自信を持つXEマーケットでは、そのように取引が混んでいるときであっても、スムーズに注文が執行されます。また約定自体を拒否されることもありません。

FXの魅力の1つは、ハイレバレッジ取引による、効率的な資産運用ができることにあります。日本国内のFX業者のレバレッジが、最大で25倍までに規制されている中で、海外FX業者のXEマーケットでは、最大で888倍ものハイレバレッジで資金運用ができます。そしてハイレバレッジ取引で心配になるリスク管理も、XEマーケットは24時間の証拠金管理により、証拠金口座がマイナスにならないシステムを採用しています。ハイレバレッジと証拠金口座がマイナスにならないシステムの組み合わせは、FX投資家にとって最高の環境と言えるでしょう。

XEマーケットが用意している取引プラットフォームは、世界的に人気が高いメタトレーダー4(MT4)を始め、ウェブトレーダーにiPhoneやiPad、そしてアンドロイドの専用アプリがあります。これらのすべては日本語対応しており、好きな時に好きな場所からFXができるようになっています。そのXEマーケットで投資できる対象商品は、為替通貨ペアに加えて、貴金属、エネルギー、株価指数など豊富に用意されています。

そんなXEマーケットでは、3つのアカウントを用意していますが、初心者トレーダーの人でも気軽に投資を始めることができるのはマイクロ口座です。このマイクロ口座なら888倍の高レバレッジで1000通貨単位からの投資が可能なので、わずかな資金からFXをはじめることができます。