ばいなりおぷしょん.com

レバレッジ20倍制限

FXで400倍ものレバレッジは流石にマズイだろうということで数年前にようやく規制がかかり国内ではレバレッジ20倍制限がかけられています。

これによって以前に比べて少額でのハイリターンは望めなくなりましたが、FXの危険性はそれだけではないと私は考えます。

FXは通貨交換です。このグローバル時代において、各国の通貨交換は絶対必要なことで、そのレート変動は各国の思惑が錯綜に錯綜を重ねた結果のものであります。

従って大小さまざま、利害も様々なステークホルダーがいるわけで、どう考えてもこれならロング、これならショートということはほとんど起こり得ないと考えるべきなのです。


FXで始める老後資金対策

ourw ここ最近、日本の経済は少し上向きになってきていると言われますが、それでもなおデフレマインドからはなかなか抜け切ることができませんね。しかも、消費税や光熱費の引き上げなど…生活負担は増すばかり。

「この先どうなっていくんだ…」「老後の資金は大丈夫だろうか…」と不安になってきた方も多いことでしょう。

ひと昔前なら、ちょっとした貯蓄さえあれば、あとは退職金と年金で悠々自適な暮らしができたものですが、これからは残念ながらそうはいきそうにありません。寿命が延びる一方で、期待できる年金などの保証は先細りしていくことが目に見えていますから…これからの時代は、どうも「老後の備えは自分で前もって用意しておくべし」ということになりそうです。

よって老後にゆとりのある生活を望むなら、早いうちからの準備が必要!
先行き不透明なこの時代、安心して老後を迎えるためには、仕事の収入がしっかりあるうちに、その資金を上手く運用して老後のための資金作りをする必要があると言えるでしょう。

さて、資産運用には色々な選択肢がありますが、今回ここではそのうちの一つ、「FX」を取り上げてみたいと思います。

近年、取組んでいる人が増えてきているFX。
ですが、いまだFXというと「ハイリスクすぎる」「怖い」といったイメージを持っている方が多いようですね。

確かに、取引の仕方によっては大きな損失が出ることのあるFX。
そのため、FXに“リスクが高いという側面”がないとは言いません。
ですが、FXには様々な取引スタイルがあり、好みに合わせて“低リスクの地道な運用スタイル”を選択することも可能! 決して「FX=ハイリスク」というわけではないのです。

そもそもFXがハイリスクとされるのはなぜか…
その最大の要因は「レバレッジ」取引にあるでしょう。
「レバレッジ」とは、証拠金を元手にその何倍もの金額の運用を可能にする仕組のこと。
少ない元手でも大きな稼ぎが狙えるこの仕組は、限られた資金で投資を行う個人投資家にとって大きな魅力となります。
しかしその裏には大きな落とし穴が!
レバレッジで運用資金を増やすほど、“損をした場合の損失額もまた大きくなってしまう”のです。つまり、レバレッジをかけたFX取引では、ひとたび相場の流れの急変に巻き込まれてしまうと予想外に大きな損失を抱えることになりかねない側面があるということ! このことが、多くの方に「FXはリスクが高くて怖い」というイメージを与えているのだと思われます。

ただ、レバレッジを必要以上に怖がる必要はありません。
レバレッジの値は自ら自由に設定できるもの。
リスクを減らした安定取引をしたいのなら“レバレッジを低くすればいい”のです。
レバレッジを低く設定し、リスクを抑えて取引していけば、損失が膨大な額になる心配なし! 大きく稼ごうとして高いリスクを伴う取引にチャレンジしたり、遊び気分で無謀な取引をしたりさえしなければ、FXは決して怖いものではないのです。

なおFXの低リスク取引には…「外貨預金感覚で運用する」という選択肢もあります。
これは、低いレバレッジで通貨の保有を続け、スワップポイント(通貨ペア間の金利差)を受取るという稼ぎ方。金利差が逆転しないように気をつける必要はありますが、あとは“ポジションを保有しているだけでOK”というスタイルです。
このスタイルなら、為替差益を狙って売買を繰返すスタイルと違い、細かな相場の動きを読み解く必要がないため相場予想が苦手な方でも取組みやすく、売買回数が少なくて済むため手数料を抑えることも可能。予想を外す・注文を間違えるといったリスクを極力抑えながら“ゆっくり安定的に”資金を運用することができますよ。

FXには“大損リスクがある怖い投資…”というイメージが存在しますが、ここで今回ご紹介してきたように、取引方法にさえ気をつければ(レバレッジを低く設定するなどリスク対策を行えば)大きな損を抱えることになるリスクは十分に回避できます。
FXは決して怖くないのです!

ただし、短期間に纏まった利益を稼ぎ出そうとすると…どうしてもリスクの高い取引をせざるを得なくなってしまいます。

だからこそ、FXで老後の資金対策をするのなら“早めに始める”のが肝心! 

長期計画を立て、“早めのスタート”&“低リスク取引”で、安定的かつ確実にコツコツ老後資金を蓄えていくという戦術がオススメです!

さぁ、生活に余裕があるうちにFXでコツコツ老後資金の用意を始めませんか?