ばいなりおぷしょん.com

レバレッジ20倍制限

FXで400倍ものレバレッジは流石にマズイだろうということで数年前にようやく規制がかかり国内ではレバレッジ20倍制限がかけられています。

これによって以前に比べて少額でのハイリターンは望めなくなりましたが、FXの危険性はそれだけではないと私は考えます。

FXは通貨交換です。このグローバル時代において、各国の通貨交換は絶対必要なことで、そのレート変動は各国の思惑が錯綜に錯綜を重ねた結果のものであります。

従って大小さまざま、利害も様々なステークホルダーがいるわけで、どう考えてもこれならロング、これならショートということはほとんど起こり得ないと考えるべきなのです。


金融商品を多種多様に取り扱う金融グループ

ourwバイナリーオプションは為替取引でますます有名になりつつあります。FX取引が従来主流でありましたが、相場が上がるか下がるかだけで判断できる簡単なシステムがバイナリーオプションの人気を高めています。

最短で取引はわずか一分で終了し、あらかじめ最大でも損失として発生する金額が決まっていますのでリスク管理もしやすく、少額から取引できるというのが大きなバイナリーオプションのメリットです。このバイナリーオプションは出金拒否がない24Optionという業者によって日本にやってきました。24オプションはバイナリーオプション以外にも金融商品を多種多様に取り扱う金融グループが母体です。

そのサービスは世界中に広がっており、言語もあらゆるものに対応しており、日本語も当然サポート対象です。メールやチャット、電話などあらゆる方法でアクセスすることができ、24時間日本語でサポートを受けられます。24オプションによって用意されているのは通貨ペアだけでなく、株式や株価指数、先物取引とかなり幅が広いです。ユーザーが得意とする分野で取引できます。

取引は以下の3つのものが行えます。

「ハイ アンド ロー」 相場の上下を予想するもっとも一般的な取引。

「ワンタッチ」 一度でも期間内に指定した相場を達成すれば、利益が確定する取引。

「レンジ」 期間内に一度も相場が指定した範囲から出なければ利益が確定する取引。 取引時間を1分、2分、5分から選ぶことができます。

1分間のオプション取引は時間が限られている人や携帯電話などの端末で取引をしている人を中心に人気です。投資の最少額・限度額はあらかじめ定められており、24ドルから15000ドルの範囲内です。ただこれはドル円のレートによって変動が起こるので注意してください。この限度額が決まっているということで、レバレッジが使えないバイナリーオプションではすなわち限度となる損失もあらかじめ決まっているということになるのです。そのおかげで損失についてそこまで神経質にならず、ただ単純に投資したお金がそのまま損失になる可能性があることだけを頭に入れておけばいいのです。損失のリスクが低い、つまり儲かるチャンスも少ない、利益率が低いのではと思われる方もいますが、24オプションのペイアウト率は非常に高いもので、確実に利益が出てきます。リターン率も最大で185%になります。

バイナリーオプションの人気の高まりで日本語でサービスを展開するバイナリーオプション業者も増えてきています。しかし、あまり信用がない所に資金を預けるというのもいかがなものかと思います。

国際的な信用がある上に、信頼がおける実績を十分に積み重ねている24オプションは初めて海外業者と取引するという人にも安心して利用をおすすめすることができます。